葬儀について学べるブログin千葉 葬儀の後、納骨をします。大抵は四十九日の法要の時に行いますが、千葉の葬儀における納骨の手順を紹介します。

千葉での葬儀における納骨について

葬儀の後に火葬をしますが、火葬後の遺骨は骨壷に入れ、四十九日の法要まで保管します。

千葉に限らず、一般的には四十九日の法要が済んでから納骨となります。

・納骨マナー

火葬後に遺骨となりますが、遺骨は骨壷に入れ四十九日まで保管しておきます。

四十九日というのは仏教での忌明けとなる日の事で、その間裁判が行われ、極楽浄土に行けるかを決めると言われています。

四十九日の法要を行い、その流れでお墓に遺骨を収める事を納骨としています。

・四十九日以降になる場合

一般的には納骨を四十九日の法要後に行いますが、これはお墓がある事を前提としています。

千葉では直ぐにお墓が建てられない事もありますから、四十九日の法要が済んだら即納骨しないといけないという事はありません。

この場合はお墓を建ててから、改めて納骨をする事になります。

お墓がない場合は、納骨堂に遺骨を納める事もできます。

納骨堂にも種類があって、お墓が建つまで一時的に保管する事もあれば、永年納骨などもあります。

※参考ページ>>【URL:http://www.hakuzensha.co.jp/

・まとめ

仏教であっても、四十九日に納骨をしなければいけないという事はありません。

一般的に四十九日がタイミングがいいので、そうなっているのです。

葬儀の後はいくつか法要がありますが、四十九日の法要はもっとも重要な意味を持ちますし、納骨とセットで行う事が多いです。

納骨の時も、お寺に依頼して僧侶に読経をしてもらいます。

ほかにも儀式があるので、謝礼の用意や食事の手配または、お膳の用意などをします。