葬儀について学べるブログin千葉 葬儀の後、納骨をします。大抵は四十九日の法要の時に行いますが、千葉の葬儀における納骨の手順を紹介します。

Category Archives: 葬儀の後

千葉での葬儀における分骨の場合

千葉で葬儀を行った後の遺骨の扱い方については、お墓や納骨堂に納骨する以外に、手元に置いておく手元供養という方法もあります。

・分骨について

分骨は、遺骨を分けてそれぞれを別の場所で保管する事です。

遺骨を分ける事自体、あまり良いイメージではないのは確かです。

しかし手元供養をしたいと考える遺族が、別の場所で暮らしている場合はそれぞれの自宅に遺骨を置いておきたいと考えますので、この場合は分骨を選ぶしかありません。

そもそも本来は1人の遺骨を1つの骨壷に入れておくのが当たり前と思われますが、分骨は決して悪い事ではありません。

分骨も供養の一つですから、それがベストな選択肢となるケースもあります。

・分骨も供養の一つ

分骨にあまり良いイメージがないのは、故人の骨を分けるのであの世で五体満足でいられないとか、魂が成仏できないと考えられているからです。

しかし実際には亡くなったら魂は体から離れるため、遺骨を分けても何ら問題はないのです。

もちろん気持ちの問題で、分骨を良く思わない事も多いのは事実です。

やむを得ない事情がある場合は、分骨という供養方法がある事も知っておきましょう。

・まとめ

仏教でもキリスト教でも、分骨はされています。

宗教にかかわらず遺骨を分けて保管するのは悪い事ではなく、むしろ供養方法の一つであり尊い事と考えます。

ただし分骨をするにもやり方がありますので、千葉の葬儀屋や専門の業者、遺族とよく相談して決める事が大切です。

千葉での葬儀における散骨の場合

葬儀の後の遺骨は、お墓や納骨堂に納骨するのが一般的ですが、散骨という方法で供養する事もあります。

・散骨とは?

散骨というのは故人の希望があった場合や、無宗教の場合に行われる事が多いです。

遺骨を骨壷に入れて納骨するのではなく、海や山などにまく事を言います。

個人の強い希望があった場合や、無宗教の供養で行われます。

ただしどこにまいてもいいという事ではないため、許可を取り散骨可能な場所で行わなければいけません。

散骨をする専門の業者もありますが、この場合も火葬許可証や埋葬許可証が必要になります。

・散骨以外の方法

散骨以外の方法として、樹木葬といってお墓の代わりに樹木を植えるスタイルもあります。

お墓を建てる費用がない、場所がない、お墓を守る人がいないというような場合に樹木葬を選ぶ事もできます。

ここ数年では千葉でも単身や独身の人が増えている事もあって、お墓を管理する手間や費用がかからない樹木葬を選ぶ人も増えています。

無宗教の葬儀スタイルとしても注目されています。

・まとめ

葬儀の後の遺骨の扱い方にもいろいろな選択肢が増えています。

千葉でも核家族化や様々な事情から単身の人が増えている事もあって、墓を守る人がいない場合は、先の事を考えて、散骨や樹木葬をするというのも今の社会事情を表しているのかもしれません。

どちらも許可を取れば可能ですが、宗教上の理由で選べない事があります。

散骨や樹木葬をするにも費用はかかりますが、その後の費用はお墓を建てるよりもかかりません。